お漬物簡単に作れて、一人分が美味しくできるレシピを参考につくれます、美味しい保存食です。

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 325

お漬物はおうちで作ると簡単で、美味しくできます。

お漬物って自分でつくりますか?デパ地下のお漬物屋さんで、ちょっと試食させていただくあの美味しさに、つられてつい買ってしまうこともありますよね。でもお高いんですよね。

糠漬けに挑戦してみたことありますが、つい、わすれてぬか床を腐らせてしまったので挫折。母が作ってくれていた、つけもの類(ぬかづけタクワン、酒粕で漬けた奈良漬など)をとても懐かしく思い出します。

あんな本格的でなくても簡単に美味しくできる作り方があります。いろいろ添加物とかナシなので安心です。

簡単、きゅうりのお漬物

材料 つける本数により調整
胡瓜漬け(2本分の分量)
砂糖30g
塩10g
辛子4g(3、4袋)
又は柚子わさび、ワサビでも味が変わって美味しいです。

(1)胡瓜の両端を少し切ってくるくるこすり合わせあくをぬきます。最近の胡瓜はあくが少ないですがこれをしておくと仕上がりに透明感出ます。
(2)全てをジップロップなどの袋に入れて、揉み揉み、表面馴染ませてから袋の空気を抜き冷蔵庫でねかせます。
(3)1本の状態で丸1日前後置き、洗い流しお好みの形に切っていただきます。
(4)半分きった場合は半日、全部切って漬ければ数時間で早く浸かりますが芯にも調味が触れる為、皮固く実が柔い状態にできます。
一日漬けと二日漬けでまたちがいます。こんなに簡単におうちでできるんです。

同じ作り方で
ナス
みょうが
蕪(カブ)

を付けると美味しです。

ビリからのお漬物の作り方

材料 (きゅうり2本)
醤油大さじ1
ラー油大さじ1/2
塩小さじ1程度

(1)きゅうりに塩を振り板摺をして10ぐらいおきます。
(2)ジップ袋にきゅうりを入れ、麺棒でたたき割ります。醤油、ラー油を入れて揉んで10分程冷蔵庫でほって置と出来上がり。

こういうのって、ご飯のお供にもいいですが、おつまみにもいけますよ。

大根の簡単おいしいお漬物(柚子たっぷりで柚子大根)

簡単にできてパリパリ感がたまりません、箸がとまりません♪

材料(大根半分)
調味料;
●塩大さじ1
●砂糖大さじ8
※砂糖は好みで量を調整すると、その人好みの味になります。あまり少なすぎると味が引き締まらない感じになります。基本はちょっと甘目です。
●酒小さじ1
●昆布・ゆず皮・鷹の爪 適宜(柚子をたくさん入れるとゆず大根になり、香り高く美味しいです。お好みで)

(1)大根の皮をむき、適当な大きさに切って、上記の●(調味料)といっしょに袋またはタッパに入れて冷蔵庫で1~2日寝かせます。
(2)寝かせたお漬物を切って盛り付けていただきます。

保存は冷蔵庫で。1週間ぐらいは美味しく食べられます。一人分で大根を少量の場合は調味料の分量を調整してください。でも少し多めに作って保存がいいですね。

超簡単にできる大根のカリカリ、ハリハリ醤油漬け

大根やや大きめ半分(500gぐらい)
● 調味料
醤油1/2カップ
酢1/4カップ
砂糖75g
唐辛子 1本

(1))大根の皮をむき、1㎝ほどの厚さのいちょう切りにします。ボールに入れておきます。(大根の皮はきんぴらにできるのですてないように♪)
(2)唐辛子は手で二つに折って半分、鍋へいれます。調味料を全部鍋に入れて、煮立て沸騰したら火をとめます。
(3)(2)を切った大根に熱いうちにかけます。
(4)漬け汁が大根に均等にかかるようにかきまぜます。(2~3時間で全体にひたひたにになります)
(5)半日~1日でたべれるようになります。
(6)保存は容器に入れて冷蔵庫で。結構長持ちしますが、長持ちまでに食べてしまいます。

白菜、人参(細切りにして)を漬けても美味しいです。

まとめ

お漬物は日本伝統の保存食で、昔はどこの家庭でも漬けられていましたが、今は買うものと思っている人もおおいでしょうね。簡単でやすあがりでおいしいとくれば作らない手はないですね。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease