サザエは英語で何という?サザエツボ焼き、サザエおこわを作ってみました|Sazae, a kind of shellfish(Turban shell)

スポンサーリンク
和食料理
スポンサーリンク

サザエって英語でなんていうのかな?

Turban shell

ターバンシェルね~なるほど、ターバンのようにまいてるからかしらね?

Sazae, a kind of shellfish.

 

たくさんいただきました。

 

友人にもおすそ分けしました。

 

My nephew gave me a lot of sazae(turban shell).

 

スポンサーリンク

サザエのつぼ焼き(grilled turban shell)

 

フライパンでやいてみました。

 

 

ひとりで10個ぐらいは食べてしまいました。

 

Easy way to cook of sazae(turban shell) is that just put salt and sazae(turban shells) in a frying pan to bake them for 5-7 minutes.

So simple and good taste!

 

いただいたときに、海水をたっぷり吸ったままだったので、そのままフライパンでやいてみました。

 

ちょっとだけ醤油をサザエの中にいれると香ばしい味になります。

 

サザエの保存

 

残ったサザエは茹でて冷凍保存

しました。

I boiled remaining  Sazaes (turban shells) and preserved them frozen.

 

 

 

茹で方はこちらのサイトを参考にしました。

 

http://www.marukatsu.jp/recipe_sazae05.html

 

 

 

サザエおこわをつくりました|I cooked glutinous rice and  turban shell.

I cooked glutinous rice and  turban shell.

冷凍のサザエを使っておこわをつくりました。

 

レシピは中華おこわをアレンジ

 

お正月中華料理のおもてなし、フライパンとレンジで簡単にできる中華おこわが楽です
お正月はどこの家でもおせちですよね。中華料理でおもてなしはどうですか? メインを中華おこわにもってきて、料理をくみたてていくとやりやすいです。おもてなしといえあまり、しんどく考えないで簡単にできて、美味しいのがいいですね。 中華おこわフ...

 

材料

もち米 2カップ

サザエのゆでたの あるだけ

ゆでたけのこ 50g

干しシイタケ 4枚ぐらい

ニンジン   50g

ほしえび   30g

 

調味料

和風だし、 干し貝柱スープ 顆粒(鶏がらスープでもOK) 大さじ2

水 1+1/2 カップ(干しシイタケ、干しエビの戻し汁をつかう)

醤油 大さじ1

砂糖 小さじ1

日本酒 大さじ1

 

作り方

1.もち米は洗って30分つけて、水気を切っておきます。

 

2.干ししいたけ、ほしえび、もどしておおきます。

 

3.具材を5ミリぐらいのサイズに切っておきます。

 

4.冷凍からもどしたサザエを半分ぐらいに、小さいものはそのまま

 

6.厚手の鍋に米以外をいれてダシを入れて、調味料もいれて煮立てます。

 

7.そこに洗って水きりしておいたもち米をいれて一緒ににたてます。

 

8.約5分まぜながら味をしみ込ませていきます。

 

9.味がしみ込んだ(8)を耐熱ボールにいれてラップをしてレンジで4分加熱します。

 

10・4分経ったらいったん取り出して、まぜます。

 

 

11.もういちどラップして、3分レンジで加熱します。

 

 

もちもちの具たっぷりで味がしっかりついたサザエおこわのできあがり。

 

 

 

なかなかのできばえ!

 

美味しく出来上がりした。

 

まとめ

 

海のそばでそだったので、サザエとかイガイ(ムール貝)、アワビは本当にたらふく食べていました。

兄が海に潜ってとってきてくれていたのです。

 

もちろん、カニも、子供のころは、木箱いっぱい、これは近くの漁港でとれたものでしたが、、、それがおやつ替わりのようにいただいていました。

 

そんなことが贅沢とも思わなかった子供のころ。

 

いまではとても贅沢な魚介類になってしまいましたね。

 

いろいろバター焼きとか、ムール貝ならワイン蒸しとかがおしゃれな料理法もありますね。

 

シンプルに、ただ塩ゆでしただけ、サザエはつぼ焼き、蟹も大きな鍋てゆでるだけ、でおなか一杯味わっていました。そんな時代はもうやってこないでしょうね。

 

と、思いながらいただいたサザエを味わっていました。

 

サザエおこわ、もし機会があれば作ってみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました