湯シャンしてます!体験記~

スポンサーリンク
日常のあれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ湯シャンにしたのか

 

毎日シャプーをたっぷり使って洗ってました。

 

 

その後、いろいろ思うところがあり、洗髪は石けんで、リンスはお酢とかにハーブを入れたりしてヘアケアしていました。

 

毎朝シャンプーするのが習慣です。年齢とともに、抜け毛も多くなってきていたし、少し髪の質も変わってきたように感じてたある時。

 

 

知り合いが「私、湯シャンよ」と言うものですから、その人に髪にさわったら柔らかくて別ににおいもしなかったので、面倒くさがりやの私は即その話に飛びつきました。

 

髪の質についての認識

 

 

もともと油症だと思っていました。

 

一日髪を洗わないとかゆくなったりしていました。

 

 

髪の質を私は脂性の普通の髪質だと思っていましたが、どうもドライ(乾燥)質のようでした。

 

脂性とドライはまた別の話かもしれません。

 

美容院にいって聞かれたとき、普通だと思いますよ。といって、朝シャンプーしますが、ドライヤーで乾かさなくてもすぐかわくので楽です。

 

言ったら、それってドライ髪質ですよ!って言われて。

 

あーそうかと自分の髪質は乾燥なんだと改めて知ったのです。

 

それと少し、クセ毛なのでなにも整えなくても指でサッサッとやってサーッと出かけていきます。

 

朝は早く起きて、ゆっくり身繕いをして、ということがあまりしたことがありません。

 

湯シャンにした結果

 

もう湯シャンにして1年以上がたちます。

 

毎朝シャワーするときに流すだけです。

 

 

タオルで水分とって、あとはさらっとオイル又はクリームをつけます。

 

 

オイルは

 

ホホバオイル

 

椿オイル

 

アロエクリーム(ハンド、ボディクリーム)

 

馬油(ソンバーユ)

 

先日求めたアルガンオイル

 

 

そのときにあるオイル、クリームを湯シャンした後につけます。

 

 

なぜ毎朝あらうのか

 

  • 夜に洗ったりしても、朝の髪のがあっちこっちサンバラで、そのひどさに結局ぬらしたりしてそれを直すならシャワーでなおしたほうが簡単。
  • 朝はシャワーを浴びないとシャキとしない。
  • どんなに外がさむくても、起きられないぐらいのひどい体調でなければほぼ毎日シャワーを浴びて、そのままでかける。

 

癖だと思いますが、そんなことしたら風邪ひくわよといわれますが、そういうことで風邪を引いたことはないです。

 

湯シャンは1年とちょっとぐらいですが、朝シャワーと朝シャンはもう10年以上の習慣です。

 

 

思いこみというものがあるとすれば、私はどうしても朝シャワーを浴びないと起きられないということの思いこみのほうが強いのかもしれません。

 

 

湯シャンをしてよかったこと

 

  • 時間短縮できる
  • 経済的
  • 髪が強くなった感じがする

 

ぐらいでしょうか?

 

心配していましたが

 

◎臭くないか?これは他人から言われたこともないし(言えないかも?)

自分でも匂ってみても大丈夫でした。

親しい人に臭ってもらって確かめたこともあります。

 

◎痒くならないか?これも、もし痒ければまた石鹸つければいいと思っていましたが、今のところ痒くて困ったということはありません。

 

抜け毛がが減るかなと期待していましたが、こちらはあまり効果は感じられませんでした。

結構抜け毛が昔からあるので、それは体質かな??(そんな体質ない?)と現状を受け入れています。

 

髪の質というものは本当に人に寄って千差万別だなと思います、個人的な体験ですので参考になるかどうかはわかりません。

 

 

姪たちが泊まりにくるので、一応はおいていますし、絶対石けんとかシャンプーを使わないということではなく、時としては使います。

 

まとめ

 

 

今は本当にシンプルで楽です。

 

湯シャンいいよ。

 

言っても、私も湯シャンする!ってすぐ飛びついてくる人はいませんね、今の私の周りには。

 

それぞれですから、それはそれでOK。

 

体験を書いてみまいた。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました