カレー作りの時短、後片付けの悩み解決法など

スポンサーリンク
テレビ
スポンサーリンク

2月14日のNHKあさイチ、スゴ技Q「カレー特集」

 

スポンサーリンク

あめ色の玉ねぎ時短で美味しくつくる技とは?

 

カレーを作るとき、玉ねぎはじっくり時間をかけて、あめいろになるまで炒めて甘味をだすって教えてもらいました。

 

めんどくさいなーと思って結構手抜きしていました。

 

なんと! 10分でできるということでとても興味がわきました。

 

それなら、カレーだけでなく、オニオンスープとかにもいろいろ使えますよね。

 

 

 

 

あめ色タマネギを簡単に作る方法

カレー研究家の水野さんが教えてくれた方法とは!?

 

強火で放置して10分炒めるということです。

 

10分でいためた、飴色のたまねぎが、100分炒めたものと同じ甘みを引き出す。

 

との結果。

 

時短を知れば料理は楽になるしやりたくなりますよね。

 

 

 

たまねぎ1個(約200g)をスライスして、大さじ2~3の油を入れ熱したてフライパンにいれます。

 

いれたら、塩小さじ1/2をふります。塩でたまねぎの水分が出て、早く火が通ります。

 

平らになるように全体の玉ねぎをならし、強火で3分間放置します。

 

そして、手早く上下をひっくり返してまた3分放置。少しくらい端が焦げててもOK.

 

水を60~70ml加えて水分が飛ぶまでさらに放置。

飴色の玉ねぎになってきます。

 

もう一度水を加えて、水分を飛ばしてできあがり。

 

10分で飴色の玉ねぎ、簡単でおいしいレシピです。

 

寒天パウダーでカレーの後の洗い物が簡単に落ちる!

 

カレーを作るのはいいけど、後が大変なのでという悩みを解決してくれる裏技。

 

カレーの鍋洗い、後処理が簡単にできる方法とは?あるものを入れる。と楽、きれい!で栄養も?

 

 

それは「寒天パウダー」を入れるとのこと。

寒天:分量は、4人分で水500mlに対し寒天パウダー4g

ルーを溶かす前に入れることで溶かしやすくなります。
入れたら寒天をしっかり溶かすために3~5分間にこみます。

 

 

寒天をいれることでとろみもでて、また寒天は食物繊維が豊富なので栄養面でもいいとのこと。

なべに残ったカレーをさますと、固まります。

 

固まったカレーをとりだして、保存とかするわけですが、取り出した後のなべは汚れがほとんど残らずきれいです。

 

あとはさっと洗えば後始末はおわり、なほどですね。

 

ゼラチンも固める役目はありますが常温にしたときにはかたまらないということです。

 

オレンジページでも紹介されていましたね。

 

 

 

 

まとめ

 

先日もカレーを作ったばっかりで、やっぱり洗い物のときにこれがなければな~なんて思ってました。

 

次回はこのアイデアで作ってみたいと思います。

 

玉ねぎの飴色いための時短技も日常の料理につかえそう!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました