時短料理と冷凍保存についてー味の落ちない冷凍保存法

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 359

時短で料理をするとき、冷凍してあるものを利用して料理をつくると早くできます。

冷凍保存って、以前は私も苦手でした。新鮮なもの食べたほうがいいし、冷凍庫で眠ってしまいそうだったから、そして味も落ちてしまうのではとちょっと、敬遠していたのです。でもやってみると味が落ちないやり方があって、時短にもなるし、安上がりだしはまってしまいまいた。これをやらない手はないって。

TEDトークを見ていた時にジミー・オリバーって人がアメリカ人の肥満は家庭で料理をしなくなったからだ、料理をしよう!ってプレゼンしてましたね。その彼の料理の番組をネットでみたことがあるのですが、結構冷凍食品を使っていました。そして、余ったものを冷凍もしてました。カロリーとかかった費用と簡単に美味しく作るということに徹していて面白かったです。

そこで冷凍食品でもいいし、自分で冷凍保存するのもいいし、冷凍庫を活用しよう!と思ったわけです。でも凍らせて失敗したものもありますよ。たとえばこんにゃくはかすかすになってしまいました。冷凍にもくものと向かないものがありますね。

そして、そのまま冷凍するのではなく、ある程度使いやすい処理をしてから冷凍するというのがコツでした。

冷凍保存について~おいしさを保つ

◎新鮮なものを冷凍する。買ってきて冷蔵庫で眠っていたものを冷凍すると味はおちています。

◎これはとても一人暮らしには重要なことですが、小分けにして冷凍するということです。私は何度が失敗、そのままの大きさで冷凍してしまったので使いづらかったです。

◎肉などは下味を浸けて冷凍するのがおすすめです。全体に味がしみ込むようになじませて、ジッパーつきの冷凍用の袋にいれて、空気をしっかりぬいて、保存します。

◎作った冷凍食品には必ず、シールなどをはって、日付をいれておきましょうね。

◎冷凍するもの、たとえば鮭の切り身など、をするときには、水気をしっかりキッチンペーパーなどで、とっておくことが大切です。

◎冷凍に向くものと向かないものがあるのですね。

向かない食材ー①菜とかレタス、かいわれなど水分がおおいので、また繊維もやわらわなので冷凍すると食感がよくないですね。水菜もレタスもシャキシャキ感が美味しい野菜ですからね、それがなくなると美味しくなくなるんですね。②生の魚もほとんどが、生臭さがのこりますね。

とり肉の保存と料理について

鶏肉はとてもよく使うので買い置きするのですが、冷凍保存を覚えるといろいろ使えて料理の時短にもなって便利です。

[作業時間5分で鶏肉冷凍保存]

1.お酢大2+白ワインかまたはお酒でもOK大2+砂糖(小1)+しお小1とオリープオイル。

この分量は鶏肉2枚ぐらい500-600gの味付けです。軽めの味です。お酢は肉を軟らかくするために少しです。

それぞれのお肉を3等分ぐらいに切って、オリーブオイル以外の調味料を混ぜ込みます。あとでオリーブオイルをかけたら、保存袋にいれて空気を抜いて冷凍庫で保存します。

この手作業は5分ぐらいですね、保存期間は2カ月 解凍は朝のうちに冷蔵庫にいれて解凍して夜の料理につかう、か水を流して解凍する。

2.ヨーグルト(無糖)1カップ、白ワイン大さじ2、塩小さじ1.オリーブオイル大さじ1

この分量は鶏むね肉2枚ぐらい500-600gの味付けです。

それぞれのお肉を2等分ぐらいに切って、オリーブオイル以外の調味料を混ぜ込みます。あとでオリーブオイルをかけたら、保存袋にいれて空気を抜いて冷凍庫で保存します。

この手作業も5分ぐらいですね、保存期間は2カ月 解凍冷蔵庫または流水で。

冷凍保存鶏肉を使って料理

◎スパゲッティ+鶏肉
鶏肉と野菜をオリーブオイルで炒めて、味付けはトマトケチャップ。
スパゲティができあがります。味付けを塩味+コショーだけでも美味しいです。

◎野菜と鶏肉でスープを作る
玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモと鶏肉を炒めて水をくわえて、スープの素をいれる、夜 話や各なったら塩で味つける。コショーパセリのみじん切りをちらす。出来上がり。

◎鶏肉にピカタ
解凍した鶏肉に薄力粉をまぶし、(玉子、ピザ用チーズ、パセリのみじん切り、牛乳、塩、コショー)を混ぜたものに浸ける、フライパンにオリーブオイルをいれて、中火でやいていく。焦げ目がついたらひっくり返して、約6分ぐらい蒸し焼きをします。できあがりです。

まとめ

ほかにも沢山冷凍できるものもありますが、おひとり様はあれもこれもではなく、いつも料理につかうもので、自分がいいと思ったものをやってみることがたいせつですね。冷凍で時短、美味しい、簡単料理を楽しんでください。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease