サンラータン・いかのねぎソースレシピ!あさイチレシオピ

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 348

陳健太郎さん(中国料理店オーナーシェフ)流あさいち中華料理レシピ

2月6日(月)放送んNHKあさいちからいただいた料理のヒント。

作ったことがない料理が面白い♪

酸辣湯(サンラータン)

材料(だいたい二人分ですが、作る量によって材料を加減してください)

白菜2枚 110g

豚バラ肉、薄切り 40g

えのきたけ 40g

ほたて貝柱(水煮 )20g

溶き卵 1コ分

豆板醤(トーバンジャン) 小さじ1

(A)

水 2カップ

紹興酒 大さじ2分の1

しょうゆ 大さじ1

塩 少々

コショー 小さじ3分の1

顆粒(かりゅう)スープのもと(中国風)小さじ2分の1

水溶きかたくり粉–カタクリ粉を同量の水で溶いたもの–大さじ1と2分の1

酢 大さじ1

サラダ油 大さじ2分の1

作り方

白菜–繊維を断ち切るように3ミリ幅に切る。

豚バラ肉–3ミリ幅に切り、えのきたけは石づきを取り、半分に切る。

炒める

炒める–フライパンにサラダ油を入れ、豚バラ肉を炒め、火が通ったら豆板醤を加えてサッと炒める。

煮る–(A)を全部入れ、白菜、えのきたけ、ほぐしたほたて貝柱を加えて2~3分間煮る。

とろみをつける–火を止めて水溶きかたくり粉を加え、全体を混ぜて、再び火をつけて、とろみをつける。

最後の仕上–に溶き卵を回し入れて、サッと混ぜたら、酢を加えてできあがり。

*****

酸辣湯(サンラータン、スーラータンは、中華料理(四川料理・湖南料理)のスープのひとつ。

酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープで年間を通して食べられる料理。

鶏肉、豆腐、シイタケ、キクラゲ、タケノコ、長ネギ、トマトなどの具材を使ったスープを、食塩、醤油、生姜汁で調味し、たっぷりの酢と唐辛子あるいは胡椒を加える(唐辛子の代わりにラー油を使う場合もある)。

片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げる。

茹でた麺を加えて(酸辣湯麺として)食べることもある。

ウィキペディアより

*****

いかのねぎソース

陳建太郎さん(中国料理店オーナーシェフ)流

材料(2人分ぐらいですが、作りたい量によって材料は加減してください)

もんごういか (冷凍・胴の部分)120g

ねぎみじん切り 1本分

しょうがみじん切り 15g

(A)

塩  小さじ2分の1

コショー  少々

顆粒(かりゅう) スープのもと(中国風) 小さじ1

水  大さじ1と2分の1

サラダ油大  さじ4

作り方

(1)ねぎとしょうが+(A)を加えてボウルで混ぜ合わせる。

(2)そこに熱したサラダ油を2~3回に分けて加える。

(3)(いかを切る)細かい格子状の切り目をいかの表面に入れ、一口大さいずにカットします。

(4)熱湯で(3)(切ったいかを)をサッとゆで、ざるに取って紙タオルで水けを切る。

仕上げ–(4)に(2)をかける。

まとめ

どうしてもマンネリになってしまいがちなおひとり様日常料理。

作ったことがないものに挑戦してみるのが楽しみです。

簡単な美味しい中華のレシピが参考になりそうです。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease