女性ひとり旅、片道1.3万円!でハワイに行けるって!?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 35

LCCで旅行の自由度が広がりましたね

格安旅行のニュースです!

片道1.3蔓延!ハワイの空の旅にLCC殴り込み

という記事でした。

ハワイはまだ行ったことがなく、ぜひと思っているのですが、やはり高いですよね。

うれしいニュースです。

でも、

安く行くだけが旅ではない、旅の目的に合わせて選択するという自由

格安航空会社、ローコスト・キャリア、LCCを利用したことがないので

LCCって本当に大丈夫なのかと心配でもあります。

旅の目的というのはそれぞれに違います。

もちろん、その時、場所によってもちがいます。

たとえば、ヨーロッパならやっぱり、ゆったり行きたいと思う人もいるでしょうし、近場のアジアならLCCでいいわと思う人もいますよね。

ちなみに私の友人で絶対どこにいくにもビジネス!と言う人もいますでどね。

旅行はどこにお金をかけるかということを考えるのもおもしろいですよね。

飛行機なのか?ホテルなのか?現地でのすごし方なのか?

何を重視してエアラインを選ぶか。

仕事でいくということもいろいろなケースがあります。

荷物が多くなる場合は既存の航空会社(レガシー・キャリア)がぜったいいいでしょう。

ただ会議だけで、ちょっと出張ぐらいならLCCでもいいのではないでしょうか?自営業の人などは少しでも経費を抑えたいというところもあるのでは?

レガシー・キャリアのメリット(LCCのデメリット)も考慮して判断材料にるす。

料金は高くとも、レガシー・キャリアにはそれだけのメリットがありますよね。

フライトの変更が可能とかシートピッチは、たいていレガシー・キャリアのほうが広めに設けてあるし、機内サービスも充実しています。

遅延やキャンセルが少ない、というのも安心材料です。

レガシー・キャリアは、LCCに比べて、都心に近い第一空港を利用しているケースが多いので、アクセスが便利という点もメリットですよね。

レガシー・キャリアを利用することはマイレージをためてる人ははずせないメリットですね。

これらのレガシー・キャリアのメリットは、つまりLCCのデメリットでもあるということです。

LCCの利用するのは?

ただ、回数を多く旅行したい、一回の費用を抑えたいという人はLCC最高ですね。

行きたい場所を探して安くいく

いろいろ調べていると、狭いとかいろいろなデメリットがあるようですが、乗ってみると我慢できないということはないと。

また横の席をエクストラ料金でキープするというのもありとか。

一度はホンコンあたりから体験してみようと思っています。

まとめ

ハワイも近くなりますね。

いろいろコストを抑えてLCCのが増えるとどんどん選択肢がふえて旅行者には嬉しいニュースです。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease