一人暮らしの外食について|料理を作るのがめんどうという以外の理由

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 525

一人暮らしの人の人で自炊をしている人、毎日夕食を作ってお弁当も作って、私は朝食はたべませんが、朝食も毎日作るって人は3食手作りを続けてるんですよね。

一人暮らしを始めたばかりの人とは違って長年一人暮らしで自炊も楽しんでいる身ですがたまに外食をしたくなります。

そこで、外食をしたくなるってどういうことなのか?ちょっと一人暮らしの心理的なところを今日は書いてみます。

一人暮らし、自分で毎日料理を作る

料理得意なんです。

毎日でもつくれるんです。

マンネリにならないよう、いろいろ新しいことに挑戦もします。

自分で作って美味しい!とも思います。

得意料理新しい料理などは親しい人にもおすそ分けして喜んでもらいます。

でも時にムショーに外食したくなる時があるのです。

なんでかな?

おうちで作って食べればいいのに。

外食の心理的な意味

そこで考えてみました。

何気にそうだ!今日は外食にしよう!でもおうちでつくろうかな?と迷うのです。

一人暮らしなら、いつでも自由にきめられるのに、迷うことがあります。

あまり深く考えたこともなかったのですが、そういう時ってどういう心境なのかな?

◎承認欲求というのがあるそうです

結局、一人で作って、一人で食べて、誰かのためにということもないわけですから、誰にも認めてもらってない。

だから、人を自分のお弁当とか、食事をFBやインスタにアップして、いいねをもらって、その承認欲求をみたしている?

それわかります!

ただ、

外食するとそれが満たされる???

どう満たされるんだろう?

あの人一人で食事してエライナーとか、認めてもらいたい?そういうこと?

ちょっとこの承認欲求と外食との接点はあまり自分のなかではみつかりません。

◎寂しくて人と触れ合いたい?

人がいっぱいいるところで食べるとなんとなく、気持ちがアップする、それはあるかもしれません。

寂しがり屋の人は友達誘って、今日食事しない?などと一緒に食事するというのはそのさみしさを補うってことなんだと思う。

でも、私の場合はこれは?

寂しさでもないかな?

◎自分の自由度を確認?

別に人が嫌いなわけでもないのです。

ただ、やっぱり自由なのだ。

外食するっぞ!と決断!

一人で食べることも、何をたべるかも、どこでたべるかも。

決めたい!?

なんだかね?そんなたいそうなことでもないようです。

◎刺激がほしい

いつもこういうと、じゃあ、ペッパーか七味でもたっぷりかければ?となんかわけわからん突っ込みを入れる友人がいますが。。。!???

やっぱりこれかな?

旅も同じですが、毎日の生活の繰り返しからちょっと変化をつくりたい。

リフレッシュしたい。

ということが一番ぴったりきます。

誰かとくらしていても、家族でも、今日は外食しよう!って、それはそういうことなんですね。

だから一人暮らしでも、夫婦でも、家族でも、毎日おうちで料理を作ってたべるべきというのでもなく、外食も楽しむということなのです。

たかが外食のはなしですが、ちょっと考えてみました。

外食しました!

カウンター席の、野菜がたっぷりたべられるお店。

オープンで果物なんかも売っているので、ちょっと落ち着かないかなともおもうのですが、けっこう、食べてる人はのんびりしています。

お友達どうして、食べながらワインなどのみながら時間もきにしなくて、カウンター席なのにおしゃべりに花を咲かせている女子組。

一人で食事が終わっても本を読んでいる女子。

大人の女性二人組。

カップル

それぞれに食事、その場を楽しんでいました。

アボカドとマグロのどんぶり。

サラダバーからのサラダ

オニオンスープ

まとめ

ほんとうは、ちょっと罪悪感があったのです。

帰ってつくればいいのに。。。って。

そんな気持ちで外食したので、書いてみました。

あまり大したことではないのですよ。

料理をつくって自炊していると、料理を作って家でたべるべきだ”病に陥ってしまう時があります。

そんなに難しく考えないで、外食を楽しめばいいのですよね。

今日はちょっと外食についての心境を書いてみました。

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease