一人暮らし 簡単 で健康的な 料理を難しく考えすぎないコツとは

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 632

ひとり暮らしはどうしても栄養も偏りがちですよね。

体調が教えてくれます。

バランスよく食べる、健康を維持するにはどうしたらいいのでしょうか?

でも難しくあれこれと作るのは無理!

簡単な料理ならつづけられるそれが健康の元

最近の簡単料理で一番手抜きだったけでど、ヘルシーだと思った料理

それは缶詰

鯖缶で美味しい料理ができました。

そしてそれはとてもヘルシーで栄養価がたかいんです。

自分でも感動したのでぜひ試してみてほしい♪

友人からすすめられた鯖缶3兄弟

鯖味噌缶

味噌味はおいしすぎて、料理をするのがもったいなかったのでそのまま食べました。

水菜をたっぷりお皿にしいて、そこに鯖缶の味噌味をあけて、載せただけです。

ただそれだけ、もうおいしくて。

こんな簡単で美味しい料理の一品を並べても料理自炊はたのしい。

鯖缶水煮

水煮は、鍋料理のだしが残っていたのでそこに、ほりこんで野菜(白菜、ねぎ)とキノコ類を加えてにたたせ醤油を少し垂らして味付けをしてスープにして、ジャーにいれてお昼のお弁当にしました。

七味で味ちょっぴりスパイシーに。

水煮もヘルシーでとてもおいしかったですよ。

醤油味の鯖缶

醤油味はまだキープしてあります。

健康で簡単で美味しい料理ってそんなに難しく考えることはないと思います。

一人暮らし 健康 料理は本当に簡単だから。

先日からあさりの缶詰をつかったり、結構缶詰にはお世話になっています。

栄養価も缶詰で損なわれることはない、というより生よりいいとききました。

簡単すぎて健康的な料理といえるほどのものでもありませんが、こういう一人暮らしの知恵は必要だと思います。

鯖缶のDHA

DHAとはコレステロール、中性脂肪をダウンさせてくれる栄養素です。

DHAの働きは、コレステロールのコントロールをするといわれています、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすといわれていますね。

そしてその働きは、また魚に含まれる脂肪酸EPAにもあります。これらの脂肪さんはコレステロールや中性脂肪の代謝をつかさどる肝臓の細胞膜を柔軟に保ち、その働きを活性化させることで余分な血中脂肪をコントロールするとかんがえられています。

DHAの持っているすごい可能性をどう体内にとりいれるかという時、一番手軽で確実なDHA補給源は、鯖(サバ)の缶詰です。

生の青魚を毎日食べるのは大変ですが、鯖(サバ)缶詰なら実行できそうですね。

なぜ、鯖(サバ)缶なのでしょうか?

水や油に溶けやすいDHAは、調理法によっては流出し、失われてしまうのです。

光や酸素にあたると酸化し、これまた失われてしまうのですね。

冷凍保存でも、大幅に損失してしまうという報告もあります。

それが、鯖(サバ)を生のまま詰めた、鯖(サバ)缶は、、空気を抜いて加熱するため、DHAが丸ごと残っており、長期保存しても酸化することがないからです。

DHAは、缶汁にもまた缶汁にもたっぷり含まれています。

生の魚を缶に詰めて加熱するため、製造工程で、汁にDHAが溶け出しているのです。

缶汁には、魚の旨みも溶け出しているので、丸ごと料理につかうのが栄養を無駄なくいただくコツですね。

鯖缶を使ったレシピを参考にしてみてはいかが?

一人暮らし 簡単 で健康的な 料理にはなんと素晴らしい食品なのでしょう!

ぜひおためしあれ

お野菜も簡単にヘルシーに

キャベツの千切りすきですか?

私は大好き。

好きなとんかつ屋さんがあるのですが、行くといつも3回はお代わりします。

おうちでもキャベツの千切りはとても重宝します。

生でたべるだけでなく、キャベツは少し炒めると甘味が増しておいしいのですよ。

少し塩で味をつけて、玉子とじにするとかさが減ってたくさんたべられますね。

少し工夫すれば、広島のお好み焼きのように、蒸し焼きした千切りキャベツに卵をおとして小麦粉のクレープのような薄焼きでつつんで、お好み焼きソースでたべます。

豚肉のロースの薄切りがあればそれも一緒にいためると肉のコクと旨みがでて、キャベツの甘味とマッチしてとてもおいしいです。

一人暮らしをしていて料理の手抜きもおぼえますが、自然な素材のおいしさも発見します。

健康的なおいしい簡単料理は難しく考えないことですね。

ロールキャベツとか、時間のかかること手間のかかることをしだすと、どうしても億劫になったりして料理やめとこ!めんどくさい!

ってなってしまします。

とにかくシンプルに簡単にを基本に考えています。

一人暮らし、料理といっても、なにも火を使いたくないときもありますよね。

でもお茶ぐらいは飲みますよ。

簡単で健康に良い料理をというといつも、キャベツの千切りをどかっと!と、とんかつ屋さんのようにもりもり食べる!のがおひとり様流

ドレッシングとか、濃厚にマヨネーズで食べることもあります。

付け合わせにというより、キャベツの千切りが主役になりそうなぐらいいっぱい食べるのです。

そこに作り置きの人参や、ブロッコリーの茹でたの、プチトマトでいろどりよく、ゆで卵もお皿にもればおいしい一皿。

鯖缶詰なんかを一緒にいただくといいですね。

そんなふうに簡単に料理というのは工夫して健康を保つのです。

もちろん先日の乳酸菌キャベツも簡単でいいですよね。

乳酸キャベツの簡単な作り方、井澤由美子さん、あさイチレシピ

お鍋にいれたりいろいろできます。

まとめ

料理は凝る時もあるけれど、基本は簡単、シンプル早いが基本です。

でもだからと言って、健康を考えない、油っぽいものばかりとか、炭水化物ばかりではやっぱりなんだか体の調子がよくないです。

便秘とか体調に変化が現れたときは、きっと食べ方がよくないんだなとそのサインでふりかえります。

野菜不足とか肉類が不足と感じるときもあります。

体と相談しながら、おいしい簡単な自炊で調整していきます。

一人暮らしは健康的で簡単な料理で自炊しながら体調管理できますよ。

たんぱく質(肉、魚類)、野菜、発酵食品(味噌、ヨーグルト、納豆)、そして作り置きなどでバランスよく組み合わせて簡単で時短で続く食生活ができますように。

食べたもので体は作られる♪

一人暮らしのかたもそうでないかたにも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease