おもてなし魚料理、クリスマス、お正月に簡単なアクアパッツァを作ってみよう、好評レシピ公開

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 326

魚一匹が豪華だけど、切り身で簡単につくるアクアパッツァが手軽でおもてなし料理として人気です

クリスマス、忘年会、年末年始のおもてなしにはピッタリです。素材を活かしてシンプルに作れるのがいいですね。


味もトマトの酸味がさわやかで以外とさっぱりです。

簡単なアクアパッツァのレシピ

簡単アクアパッツァ、白身魚の切り身を使ってつくってみましょう。身近に手にはいるもので。
材料(4人分)ー 人数分切り身を用意するといいです。

白身魚切り身(たらを良く使いますが、お正月は鯛がいいかもですね)4切れ
にんにくみじん切り1片分
赤唐辛子小口切り1本分
オリーブオイル大さじ2
あさり(砂抜きしたもの)40個ぐらい
ミニトマト 20個ぐらい
ケーパー 20粒
白ワイン 200ml
塩・コショー それぞれ少々
イタリアンパセリ(みじん切り)適量
エクストラバージンオリーブオイル適量

作り方
(1)白身魚に軽く塩・こしょうしておきます。
(2)フライパンにオリーブオイルをひき、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかけ、香りがたったら白身魚を加えて焼く。

魚に焼き色がついてきたら、あさり、ミニトマト、ケーパー、白ワインを加える。ふたをして、弱めの中火で蒸し煮にし、あさりの口があいたら火を止めます。

(3)器に盛り、エクストラバージンオリーブオイルをまわしかけ、イタリアンパセリを散らす。

材料の魚貝類:タイ、スズキ、タラ、カサゴ、メバル、メダマヒメジなどの白身魚やサバのような青身魚が、貝類はアサリやムール貝などなんでもいいのです。

ブイヤベースも人気です

(本当はイタリアンパセリがあればいいけど、なければ親しい人のあつまりだとパセリで代用することもありです。)

パセリは冷凍してあります。

一旦この状態で冷凍して、かたまったら、潰します。空気を抜いて、ペッタンコにして保存します。いろいろ使えて便利です。

アクアパッツァのだしを使ってパスタ料理レシピ

美味しいダシがでてるので絶品です。

アクアパッツァを美味しく頂いた後に残ったスープは小骨をとって網杓子などでこします。小さなタッパーまたはジッパー付きの袋などで冷凍保存します。

材料

アクアパッツァの残りだし(スープ)

トマト半分ぐらい

にんにく半かけをみじん切りにします

しめじ1パック

ブロッコリー1個

パスタ 200~300g

オリーブオイル 適量

塩適量

コンソメ顆粒 小さじ半分

白ワイン 大さじ2

作り方

冷凍のアクアパツアの残りスープをつかいます。

(1)スープの塊とにんにく・オリーブオイル・種の部分を除いた実の部分のトマトを炒めて、白ワインと塩・コンソメ顆粒で味付けします。

(2)同時進行でパスタをゆでます。ブロッコリーも一緒にゆでるか、またはレンジでチンしてもOK.

(1)にパスタとブロッコリーを絡めて、しあげます。

美味しいアクアパッツァのだしスープの簡単パスタができあがり♪

まとめ

クリスマス、お正月と友人だけでなく、親戚もあつまってきたりします。そんなときちょっと豪華、でも簡単にできる料理でおもてなしが楽です。

アクアパツアは最適です。

スポンサーリンク
ランキングは今何位?
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ

SharePlease

FollowPlease